HOME会長あいさつ

会長あいさつ

GREETING

2019~2020年 会長 大野 直孝 写真

2020-2021年度 会長 太田 哲

Participate and
Enjoy ROTARY

この度、2020-2021年度、福島東ロータリークラブの第46代会長を務めさせいただきます太田哲でございます。谷口隆幹事並びに、理事、役員、会員の皆様、また事務局の伊藤さんにご協力いただきながら運営してまいります。まだまだ未熟者ではございますが、1年間よろしくお願いいたします。

私のロータリー歴は、2009年(平成21年)4月10日笠間会長年度に入会させていただきました。2015-2016年度には谷口隆会長のもと幹事を務め、貴重な経験をさせていただきました。入会12年目ではありますが、ロータリアンとしてはまだまだ未熟者でございます。これから勉強することばかりですが、先輩方にご指導ご協力をいただきながら1年間会長の職を務めてまいります。

今年度の国際ロータリー(RI)会長テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」でございます。「時間は私たちの為に、スローダウンしてくれない」この機会をとらえて、ロータリーを成長させより強く適応力を高め中核的価値観により沿ったロータリーを!!RI会長ホルガー・クナーク氏が掲げるテーマを目標に活動を進めていきたいと思います。

また、国際ロータリー第2530地区の石黒秀司ガバナーの「地区重点目標」
①例会最重点主義で、例会出席者の純増・出席率を高める。
②会員増強2530名(女性・40歳以下253名)
③福島職業宣言成文化
④青少年ショート交換事業実施への研究
⑤横断的な委員会ジョイントでの活動の強化
⑥ロータリー賞への挑戦
⑦ロータリー財団への理解と活用
⑧米山記念奨学会への協力
2020-2021年度地区運営方針「サーヴィスと良きロータリーの為に」
Participate and Enjoy ROTARY
「磨き合い自己成長の楽しさ」「集える接点の楽しさ」「成果を上げる楽しさ」それぞれが、それぞれの立場でENJOYしよう!!

 

当クラブでは、RI、地区の方針をもとに、「親睦通じて、例会出席率を向上させたい!」をクラブ運営目標としました。先ずは、この新型コロナウイルス問題にあたり、安心安全な例会運営を念頭に置いて活動してまいります。また、今年度は会員増強に力を入れて現在の会員数37名から最低でも純増3名とし、健全なクラブ運営のために40名以上の会員数になるように努力してまいります。

 

改めて、会員の皆様のご協力、ご支援をよろしくお願い申し上げます。