福島東ロータリークラブ
 
福島東ロータリークラブ ご意見・お問合せ
ごあいさつ 会長あいさつ 概要 年間行事予定 理事・役員・委員会 リンク集 トップページへ戻る
 会長あいさつ

2018〜2019 2017〜20182016〜20172015〜20162014〜20152013〜20142012〜2013
2017〜2018年度  会長就任挨拶
 
会長エレクト
会長 佐藤 悦夫

 2017〜2018年度、福島東ロータリークラブ会長として会員皆さまには一年間大変お世話になります。特に柾木幹事、事務局の加藤さんにはお世話になります。それから前年度当クラブにご尽力されました、安斎文夫直前会長、荻野毅直前幹事におかれましたは、大変お疲れ様でしたありがとうございました。

 私入会して10年で大役を仰せつかりますこと、大変緊張致すと共に不安いっぱいでの船出となりますが、ご指名を受けた以上私なりに努力をし、我がクラブ発展のため、クラブの皆さまが喜んで参加していただけるロータリクラブを目指して活動して参りたいと思います。まだまだ勉強不足で無知ではございますので皆さまの指導ご鞭撻をお願い致し、一年間努めさせていただきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

 今年度私の会長スローガンは【私たちから発信しよう】を2017−18年度福島東ロータリークラブテーマに掲げて、自ら積極的にいろいろな活動に参加を出来るだけ多くして行ければ良いのではないかと思い、奉仕活動を通じて積極的に対外へのクラブの存在をアピールして行ければ良いのではないかと思います。また会員の例会及び事業への全員参加を目指してクラブの融和を計り出席したくなるクラブにしていきたいと思います。

 そして積極的に自ら発信、クラブから発信していきたいと思い次の3つの目標を掲げさせていただきました。

1 【会員同士声を掛け合い、例会出席率100パーセントを目指す】
 出席率の良くない会員におきまして、どういう事情で出席が出来ないのか等の事情を鑑みる意味においても推薦人の人が一番わかるので、推薦人から出席を促してもらう。また、各委員長さんから委員に対しても積極的に声をかけさせていただき、無理のない範囲で出席してもらう。

1 【参加したくなる、変化のある夜間例会、親睦事業】
 月一回の夜間例会においては、季節を楽しむ例会、あまり行ったことのないところでの移動例会懇親会等、普段と違う夜間例会にすることによって会員に喜んでいただけるような例会にして多くの会員、家族の出席を促す。

1 【会員全員参加型の奉仕活動】
  職業奉仕活動、社会奉仕活動については、委員会のメンバーだけの参加ではなく、会員全員参加を目指して、積極的に全事業に全員参加することを目標にする。また対外活動においても認知度向上のためクラブ統一のジャンパー等の着用によりイメージアップを図る。

以上の3つの目標のもと、会員皆さまの力を借りてクラブを運営して参りたいと思います。

 今年度国際ロータリー会長イアンH.Sライズリー様は、【ロータリー変化をもたらす】のテーマを設けられました。それに伴い国際ロータリー2530地区ガバナー鈴木邦典様は6つの地区目標を設定されました。この目標に向かって行くと言うことは当ロータリークラブの目標を達成ではなかろうかと思います。

 一年間皆さまには大変ご迷惑、ご負担をかけるかと思いますが、どうぞご理解ご協力を重ねてお願い申し上げます。
 


このページの先頭へ戻る