福島東ロータリークラブ
 
福島東ロータリークラブ ご意見・お問合せ
ごあいさつ 会長あいさつ 概要 年間行事予定 理事・役員・委員会 リンク集 トップページへ戻る
 ごあいさつ

2018〜20192017〜20182016〜20172015〜20162014〜20152013〜20142012〜2013
2013〜2014年度  RI会長メッセージ
2013-2014年度国際ロータリー会長
ロン・バートン  氏

『ロータリーを実践し みんなに豊かな人生を』

 親愛なるロータリアンの皆さん、今はロータリアンであることに大きな喜びを感じる時です。今年度は、私たちがロータリーで今まで経験してきた中で最も素晴らしい年度の一つとなり得ることができます。しかしそれは、私たち一人ひとりにかかっています。

ポリオ撲滅活動を通して学んだこと
 私たちは今、ポリオとの闘いにおいて最終章にさしかかっています。長く、険しい道のりでしたが、私たちは多くのかけがえのない教訓を得ました。私たちはグループとして、山をも動かすことができる、人々の暮らしをより良くすることができる、そして、間違いなく私たちは、世界をより良い場所に変えることができる、ということを学びました。おそらく一番の教訓は、私たちが自分たちに多くを課せば課すほど、私たちはより多くのことを達成できるということです。
 私たちはまた、ロータリー財団の歴史において、新たな章に入りました。私たちは「未来の夢」という全く新しい補助金制度を開始する、めったにない恩恵を授かりました。「未来の夢」では、自分たちのありとあらゆるリソースを使って、私たちがなし得る最も偉大なことに挑戦する機会を与えられました。より強い財団とロータリーの奉仕に懸命に携わるロータリアンがよりたくさんいる強いクラブがあれば、できることがどれだけ増えるかを考えてみてください。

全会員が真のロータリアンになれば……
 私たちが直面している現実の課題は、新会員をロータリーに連れてくればいいというものではないことに気づくことです。今こそ全会員が、真のロータリアンに変わる節目です。会員がロータリーに参加するのを手助けする、つまり彼らが持っている潜在能力や、ロータリーの奉仕がどれだけ多くの人生を豊かにしているかに気づかせることが課題なのです。一人ひとりの会員が活発に活動し、貢献し、世の中を良くしていることを私たちは確認する必要があります。皆さんがロータリーで意味のある活動をすれば、皆さんにとってロータリーは意味のあるものになります。
 私たちがロータリーで達成できることを認識した時、すなわち、私たちがロータリーを真に実践した時、人々の人生は豊かになります。私たちを必要とする人々の人生を私たちは変えます。それは当然のことです。同じように、私たちの人生も変わります。これも必ずそうなります。これが、2013-14年度の私たちのテーマ「ロータリーを実践しみんなに豊かな人生を」の一番大切なところです。
 ロータリーを通して、私たち一人ひとりの潜在能力に目を向ける時です。ロータリーは私たちをより高め、より多くのことをさせ、自分たち自身以上に大きな存在の一部にさせてくれます。私たちがどれだけロータリーに与えたかにかかわらず、それ以上の恩恵を私たちは得ます。そしてこれも必至なのです。
 2013-14年度では、私たちみんなの潜在能力を引き出しましょう。これは自分次第です。ロータリーの奉仕を実践することで、参加することで、やる気を持ち続けることで、そしてロータリーの中に見いだせる贈り物を日々思い出すことで、可能となるのです。私たちは共に「ロータリーを実践し みんなに豊かな人生を」実践します。


このページの先頭へ戻る